【エハン塾特別編】RTV入門コース(全5回)

は、アメリカで開発されたRV(リモート・ヴューイング)のメソッドをベースに、日本人向けに、そしてより時代に則した内容にエハン・デラヴィが独自にカスタマイズしたものです。人間の本来の能力である「遠隔透視」能力を蘇らせるために、脳の機能のこと、そしてエハン・デラヴィ氏の研究の中核である「意識」についての理解を促しながら講義を進めます。エハンのRTVが、「直観力」や「予知能力」を高め、シンクロニシティ(共時性)を招く以上の‘人生を深く豊かに’する計り知れないメリットをもたらすことは卒業生の多くの体験談が語っています。

リモート・ヴューイングとは

1970年代、アメリカは軍事予算を投じ、透視に関する研究を始めた。そして二人の物理学者のもと最高の能力者が被験者となり「リモート・ヴューイング」に関するプログラムが作られた。この情報が民間に公開された現代では、犯罪捜査や失踪人探しなどにも使われている。

冷戦時代、ソビエト連邦は超能力者を使ってアメリカの軍事情報を収集していた。CIAは、これに対抗するためカリフォルニアにあるスタンフォード研究所に依頼して超能力の研究をはじめた。遠隔透視の能力を開発し超能力兵士を養成すること考えたのだ。

スタンフォード研究所で超能力の研究に協力していたひとりがインゴ・スワンという優れた能力を持つ人物だった。スタンフォード研究所のインゴ・スワンが考え出した遠隔透視(リモート・ビューイング)は、だれにでもでき、同様な結果が得られる画期的なものだった。

 

なぜ、リモート・ヴューイングが必要であるかというと、人間は固定観念の世界にはまっていることがほとんどだからです。固定観念は、思い込みの世界であり、現代人は自分のストーリーの中でしか生きられなくなっているというのが実際のところです。

では、リモート・ヴューイングをやるとどうなるかと言うと、もちろん直感力が鋭くなります。

しかし、もっと重要なことは、今の時代に合った本来の自分とのコンタクトをするために、リモート・ヴューイングはたいへん優れた道具になるということです。自我の固定観念的な次元から抜け出して、本当の自分、この時代に合った自分とのコンタクトを深く取ることが出来るようになるのです。

リモート・ヴューイングの学習に当たっては、宗教とか哲学とかスピリチュアリティなど関係のない、ニュートラルな方法を用います。それは「定式」という、とても具体的で誰にでもできるシステムです。リモート・ヴューイングは、超能力などではなく、人に本来備わっている能力です。今のあなたは、その能力を引き出す方法が分からないだけです。

私は、これまで日本および、カナダ、イギリスなど1200名を超える受講生に教えてきました。その経験から‘リモート・ヴューイングは誰にでもできるようになる’と断言できます。必要なのは「素直さ」と「無邪気さ」だけです。

今回私は、これまでのリモート・ヴューイングに、「時間」というあらたな概念を加え

として体系化しました。これは、あなたが自分とコンタクトするための最強のメソッドとなると確信しています。

 リモート・ヴューイング日本先駆者 エハン・デラヴィ

 

現代人は、理論脳である左脳が発達して、直感脳である右脳が退化しているといわれています。最近は、左脳型、右脳型などで人をタイプ分けするようなことが人気ですが、右脳と左脳、どちらが優れているということはなくどちらも重要です。RTVのプログラムは、この2つの脳をどちらも活性化し、バランスを整えていきます。そうすることによって人の本来の能力である「遠隔透視」能力を蘇らせることができるのです。

 

 

なぜ、リモート・ヴューイング(遠隔透視)ができるのかというと、「すべてがつながっている」からです。リモート・ヴューイングでは、遠く離れた物体や過去や未来の出来事、人の気持ちにまでコンタクトすることができます。これは、人の脳がそのすべてにつながれるという証拠でもあります。リモート・ヴューイングを行う上で、「すべてがつながっている」ということを素直に受け入れ、信じること、そしてその信頼の上に立つことはとても重要です。あなたも、セッションを重ねる毎に、その実感を強めていただくことができるでしょう。

▼卒業生のお一人である呉竹さんが描いたスケッチ。この段階で完全にターゲット・コンタクトしていることがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼これは私(山本)のスケッチです。描いているときは、何を描いているのかまったく分かりません。
セッションの最後に、ターゲットが示されてはじめて「あー!」となります。

【エハン塾】直観力は生まれつきではない!

【エハン塾】リモートヴューイングの時間

【エハン塾】火星を透視した男たちと現代のマーズミッション

【エハン塾】創造力の進化:「マインドマップ」とリモートヴューイングの使い方

マインドマップを公開するエハン・デラヴィ氏

★この動画は数年前に「エハン塾」の中で、「リモート・ヴューイング」の経験者としてエハンさんのインタヴューにお答えしたものです(山本)。シンクロニシテイ現象が起き出すこと、卒業生である将棋棋士・羽生名人の本とのシンクロな出会いのこと、受講後の変化などについてお話しさせていただいてます。

▼リモートヴューイングの先駆者リンビュカーノン氏と超心理学博士のジェフリーミッシュラブのインタービューで、
このとても大事なお話があります。昨日のRTVトレーニング成果は0%から80%以上までにターゲット情報の正確さが出ました。
超能力ではないので当然です :)エハン・デラヴィ

【エハン塾特別編】

当コースは、来年から本格的に開始するビジネス講座ためのモニターコースとなります。
そのため今回、モニター価格でのご提供となります。
この価格で受講できる最後の機会となりますのでこのチャンスをぜひご活用ください。

エハンさんから8月~のRTV/リモート・タイム・ヴィジョンで何をやるかの説明!

今回の5ヶ月のコースは、エハンのRV教育23年の集大成となるの内容を、分かりやすく、様々なツールを使って、綿密フォローアップで「修了証」の授与までこぎつけていただくプレミアムな内容になっております。すでに多くのお申込みをいただいておりまして定員まじかでございます。「遠隔透視=すべてとつながる脳」に興味のある方、躊躇している場合ではございません。この参加費(全5回 28000円)でご提供する最初で最後の機会です。そのかわりに参加者の皆様には真剣に学んでいただき、スピーディなリスポンスをご提供いただくモニターになっていただきます。ぜひ、やってみましょう!全力で応援させていただきます😀

開催日時 2019年8月~12月、月1回2時間、全5回 ※予習動画1時間視聴必修 詳しいスケジュールは上記で確認してください。
講師  リモート・ヴューイング日本先駆者 エハン・デラヴィ
アメリカで開発されたRV(リモート・ヴューイング)をいち早く日本に伝え、『エハンのRV』として独自にカスタマイズし体系化したメソッドとして国内外で提供。現在卒業生は1200名を数える。
視聴参加場所 WEB上の会議システム「ZOOM]で開催いたしますので、ご自宅などお好きな場所でご参加いただけます。PC、ipad、スマホでご参加いただけます。


「zoom」は、skypeなどよりずっと簡単なことで話題のミーティングシステムです。初回はちょっとだけ登録手続きがありますが、2回目からはクリックだけ!の簡単さがうけてすごい勢いで広がっています。これまでのイベントは会場に出かけて!で、コストや労力、一番大事な時間的なムダもいっぱいでした。それが「自宅にいながら」可能になりました。これからは確実にこの世界になっていきます。学習の世界でも会場での受講よりzoomの方が成果が上がるというデータが出ています。講師にとっても参加者にとっても‘自分のフィールド’から受発信できることが大きいと感じます。「zoom」は、PC、ipad、スマホで受講が可能です。あなたのくつろげる環境でご参加ください。今後の急激に変化していくだろう状況を考えましてもタイムリーに今を伝えることができる必要なメディアであり「エハン塾」にはうってつけです。「zoom」は双方向メディアですので、実際の講座と同じように質問したり、意見を寄せることも可能です。講師との距離感は会場より「zoom」の方がより身近に感じられるかもしれません。「エハンさんが家に来てくれたよう」という感想をたくさんお寄せいただいております。ぜひこの機会にはじめてみてください。やり方がわからない場合にはフォローをさせていただきます。

参加費 一般:36,000円 会員:28,000円
※会員登録は簡単です。下記フォームよりお申込みください。会員のお申込みと当講座のお申込みは同時で構いません。
定員
50名 残席が少なくなっております。
欠席時対応 講義録画をご覧いただけます。※講義録画はお申込み者全員に視聴URLをお知らせいたしますので復習にお役立てください。
受講プレゼント エハン・デラヴィオリジナル『RVの手引き』

会員登録はこちらのフォームからお願いいたします。

ezweb.ne.jpへの返信エラーになるケースが増えております。それ以外のメールアドレスでのご登録をお願いいたします。

お名前 (本名必須)

メールアドレス (必須)

ご住所

<キャンセル規約>
主催側の事情、交通事情や自然災害などで開催ができない場合は全額ご返金申し上げます。
個人的なご事情による場合はご返金は致しませんの予めご了承ください。欠席された回の分は後日、録画を視聴いただけるようにいたします。

規約及び免責事項に必ずご同意の上、お申込みください。
「会員」ご希望の場合は、上記申請フォームより会員登録をお願いいたします。
会員登録と受講のお申込みは同時で構いません。宜しくお願いいたします。

ezweb.ne.jpへの返信エラーになるケースが増えております。それ以外のメールアドレスでのご登録をお願いいたします。


▼会場でセミナーを受講されたい方は、10/19で神戸で1DAYセミナーがございます。

規約及び免責事項

参加費のお支払いについて お申し込みから3日以内のお振込みをお願いいたします。ご事情のある場合は、ご連絡をお願いいたします。
キャンセル及びご返金について 主催側の事情、交通事情や自然災害などで開催ができない場合は全額ご返金申し上げます。
個人的なご事情による場合はご返金は致しませんの予めご了承ください。欠席された回の分は後日、録画を視聴いただけるようにいたします。

 

「zoom」は、skypeなどよりずっと簡単なことで話題のミーティングシステムです。

初回はちょっとだけ登録手続きがありますが、2回目からはクリックだけ!の簡単さがうけてすごい勢いで広がっています。これまでのイベントは会場に出かけて!で、コストや労力、一番大事な時間的なムダもいっぱいでした。それが「自宅にいながら」可能になりました。

これからは確実にこの世界になっていきます。学習の世界でも会場での受講よりzoomの方が成果が上がるというデータが出ています。講師にとっても参加者にとっても‘自分のフィールド’から受発信できることが大きいと感じます。

「zoom」は、PC、ipad、スマホで受講が可能です。あなたのくつろげる環境でご参加ください。今後の急激に変化していくだろう状況を考えましてもタイムリーに今を伝えることができる必要なメディアであり「エハン塾」にはうってつけです。

「zoom」は双方向メディアですので、実際の講座と同じように質問したり、意見を寄せることも可能です。講師との距離感は会場より「zoom」の方がより身近に感じられるかもしれません。「エハンさんが家に来てくれたよう」という感想をたくさんお寄せいただいております。ぜひこの機会にはじめてみてください。やり方がわからない場合にはフォローをさせていただきます。

Zoomが初めての方は、お手続きが必要になります。
ご利用されるディバイス別のご案内をご覧いただきまして事前にご準備ください。

PCから初めて参加される場合

zoomの通話に参加する方法!会議に参加する操作手順は?

スマホから初めて参加される場合

スマホ版Zoomの登録方法を解説!

Android
AndroidスマホでのZOOMの使い方

https://ameblo.jp/hitorigoto-ruka/entry-12297263990.html

ipadから初めて参加される場合

iPadでのズームの使い方・アプリの準備方法手順まとめ

ZOOMが動作するOSとモバイル端末

ZOOMが動作するOS

  • Mac OS X with MacOS 10.6.8 / Snow Leopard以降のバージョン
  • Windows 10
  • Windows 8 or 8.1
  • Windows 7
  • Windows Vista with SP1 以降のバージョン
  • Windows XP with SP3 以降のバージョン
  • Ubuntu 12.04 以上のバージョン
  • Mint 17.1 以上のバージョン
  • Red Hat Enterprise Linux 6.4 以上のバージョン
  • Oracle Linux 6.4 以上のバージョン
  • CentOS 6.4 以上のバージョン
  • Fedora 21 以上のバージョン
  • OpenSUSE 13.2 以上のバージョン
  • ArchLinux (64-bit のみ)

ZOOMが動作するタブレット・モバイル端末

  • Windows8.1が起動する Surface PRO 2
  • Windows10が起動する Surface PRO 3
  • iPhone、iPadなどのiOS端末
  • Android 携帯端末
  • Blackberry 携帯端末

 

 

PAGE TOP